HOME>クチコミ>製造の求人に応募する際にはどんなコツがある?

製造の求人に応募する際にはどんなコツがある?

男女

製造業者で働きたいなら、きちんとヤル気をアピールする必要があります。しっかりとヤル気をアピールすることができ、面接に合格した人達はどんなことをしたのでしょうか。いくつかコメントを紹介するので参考にしてみてください。

みんなの口コミ

体力があることをアピール!

ご縁あって京都にある製造業で営業マンとして働いています。20代の間に転職をしておきたい気持ちが強く、以前から気になっていた京都の製造業の求人を見たときに確実に内定が欲しいと感じました。高い学歴もなければ、資格もなかったのですが人柄と体力があることをアピールすることにしました。実際営業マンは体力が命の仕事ですので、面接においては学生時代の部活のエピソードや日々の体力作りを全面にアピールしました。よほど体力がある人だと認識してもらえたのか、見事に内定を頂くことができ、楽しく働かせてもらっています。人よりも体力があることが唯一の自慢でしたので、この取り柄を全面的に面接でアピールしたおかげで内定を掴むことができました。
【20代|男性】

面接に遅れないで行くのは基本です

高卒枠で京都にある有名製造業の求人に応募しました。学校を出たばかりの10代の女子が企業に対して信用を持ってもらうには、面接に遅れないことです。たった一分でも遅刻をした時点で、信用を失ってしまいます。だから、面接の日程が決まった時点で、会社までの道のりを確認しておくことと、一度会社まで足を運ぶことにしました。ネットでも簡単に会社までの道筋がわかりますが、当日道に迷うこともあります。だから前もって駅からの道順を確認しておいてよかったです。また面接が開始する10分前には会社に到着するようにしました。おかげで、良い印象を持ってもらうことができ、内定を無事頂くことができました。社会人の基本は遅刻をしないことだと勉強しました。
【10代|女性】